Home > 未分類 > 自動駐車機能のアップグレード、6週以内に利用可=テスラCEO

自動駐車機能のアップグレード、6週以内に利用可=テスラCEO

2018年12月25日 No comments

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、自動駐車機能「サモン」のアップグレードが6週間以内に利用可能になると明らかにしました。車が駐車場内を移動したり、空きスペースを見つけたり、駐車標識を読んだりすることができるということです。マスクCEOはツイッターで、アップグレードは過去2年間に生産されたすべてのテスラ車に対応すると説明しました。「テスラのアプリでサモンのボタンを長押しすれば、車両がユーザーの電話の位置に移動し、ペットのようについてまわる」とツイートしました。しかし詳細には言及していません。またアップグレードにより、視界の範囲内にある限り、大きなリモコンカーのように車を遠隔操作できるとしたのです。サモンはテスラの運転支援システムの一部で、現在は「モデルS」のドライバーはサモンを使って車外から狭いスペースに駐車したり、車を少し移動させて駐車場所を動かしたりすることが可能となっています。参照URL

Categories: 未分類 Tags:

Have no comment.

  1. No comments yet.