この秋、iOSに本格的AR・AI時代が到来

2017年8月15日 No comments

この秋、iOS 11が無料アップデートとして登場します。iPhone 10年目に登場するiOS 11は、iPhoneとiPadを大きく進化させ、さらに用途を広げるOSになるでしょう。iPhoneの新たな活用として今後一気に増えそうなのがAR(拡張現実)、つまり現実の世界にiPhoneおよびiPadの情報や仮想オブジェクトを重ね合わせて表示する技術です。Appleは開発者がこうしたアプリを開発しやすいように、机や床の表面やへりの自動認識などの基本機能をiOS 11に追加されたARkitという核テクノロジーとして用意するのです。WWDCで披露されたデモでは、iPhoneのカメラを机に向けると天板の面を認識してその上にデジタル立体映像のランプやカップを置くことができる様子が示されました。カメラをかざす向きを変えると違う角度から見ることもできるのです。これまでiPhoneで一世を風靡したセカイカメラやポケモンGOでは、iPhoneを左右に動かした際に、合成している風景と映像に微妙な位置のズレが起きて仮想現実の夢から覚めてしまうことが多かったのですが、実際に自分の手でiPadを持って眺めて見ると、合成映像が表示される位置はiPhoneを多少速く動かしてもズレなかったのです。まるで専用のVRゴーグルのように自然な動きです。驚くのは、この自然な動きをiPhoneやiPadのカメラと、そのCPU、GPUそしてジャイロスコープなどのモーションセンサーだけで実現していることです(つまり現行のiPhoneやiPadで利用できるのです)。特に上の動画の最後に紹介している「Wingnut AR」という開発中のゲームのリアルさはすごかった。テーブルの上にSF映画の戦場が再現されており、爆発などが起きると人が机のへりから下へと落ちていくあたりには最新ARの可能性を感じました。

Categories: 未分類 Tags:

インテリアにしても可愛い!

2017年8月9日 No comments

スマホで音楽を楽しんでいても、たまには耳を解放して部屋の中で気持ち良く聴きたい!と思うことってありませんか?私も学生時代はよくイヤフォンをつけて聴いていたんですが、やはり部屋でゆったり聴くと気分もリラックスできるんですよね~。それに耳の穴が痛くない!これ重要です^^

海外のメーカーのようですが、インテリアにしても可愛いBluetoothスピーカーを見つけました。名前を「ADDON T3」と言うそうです。スピーカーなんですが、カラーが6色も用意されていて、そのカラーがまたポップで可愛いんですよ^^勿論、全体の様子もキュートで、北欧のデザインを取り入れたとか。北欧、と言うよりも長方形のシンプルなスピーカー、と言った方がわかりやすいのですが、そのシンプルさとカラーの可愛さが女子受け間違いなしです♪

お値段は4万7800円とまぁまぁの金額^^最大30時間のバッテリーも搭載されているそうなので、アウトドアでも楽しめそうですね。

Categories: 未分類 Tags:

“docomoが5.3インチスマホ「AQUOS R SH-03J」を発表!

2017年7月27日 No comments

NTTドコモは、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、ハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」(製)を発表しています。発売時期は2017年7月を予定していて、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。AQUOS Rはすでにシャープから今年4月に発表されている最新フラッグシップモデルで、新たにシャープではこれまでNTTドコモやauとはシリーズ名を変えていましたが、またキャリア中心から脱却するかのごとく心機一転で今回から統一して「AQUOS R」とするとしています。SoftBank向け「AQUOS R 604SH」が発表されていましたが、新たにNTTドコモからも発売されます。なお、本体色はマーキュリーブラックとジルコニアホワイトの2色は同じです。5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)などを搭載したまさにハイエンドモデルとなっています。もちろん防水・防塵やフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応。さらにNTTドコモ版では2017年8月以降に提供されるソフトウェア更新によって国内最速下り最大788Mbpsに対応します。

Categories: 未分類 Tags:

より安全に充電しながらスマホを搭載

2017年7月22日 No comments

ちょっと勘違いしてしまいました^^ネット記事にスマホの充電に関する記事が出ていたのですが、タイトルにスマホを充電しながら自転車に・・・とあったので、自転車をこぐことでスマホの充電ができるアイテムが登場?と思ったんです^^

でも良く読むと違っていました。DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)という会社から発売されたスマホバッテリーマウントというスマホのホルダーのことでした。

このホルダー、自転車のハンドル中央付近に設置することができるそう。サイクリストなどが知らない地域へ行くとGPSを使うと思うんですが、このGPSがバッテリーを食うんですよね。でもバッグに準備している予備のバッテリーと繋ぎながら・・というのは危険なために、このホルダーが開発されたそうです。お値段は5,000円ほどで、工具無しで取り付け可能とのこと。

「バッテリー容量は3800mAhで、充電時間は約4時間。取付可能なスマートフォンは60~95mm幅。」だそうです。

スマホバッテリーの基本について知るならこちらをクリック

Categories: 未分類 Tags:

ウェアラブルの「LAD WEATHER」は次世代の腕時計

2017年7月13日 No comments

様々な機能が搭載されているウェアラブルは数多くありますが、その中の一つに「LAD WEATHER」というスマートウォッチがあります。
このウェアラブル端末は次世代腕時計といわれるほど高性能なスマートウォッチになっており、スマートフォンとブルートゥースで接続させればメールやSNSの着信お知らせや、カメラの遠隔操作やSOSコールを使用することができます。
また、ストップウォッチモードにするとラップタイムやスプリットタイムを計測することができますし、タイマーモードにすればアラーム設定して使用することができます。
お知らせしてくれるときは音だけでなく振動でも知らせてくれますのでどこにいても確認することができると思います。
それに、サーチ機能を使用すればボタン一つでスマートフォンの置いてある場所を探すことができますので、どこかにスマートフォンを置き忘れた時に役立ちます。
新着情報は画面のアイコンが点滅しますので分かりやすいので確認し忘れることもないと思います。
このようなスマートウォッチにはAタイプからDタイプの4種類が用意されていますし、タイプによってベルトデザインが違いますので、お好きなタイプを選んでよければ使用してみてください。

Categories: 未分類 Tags:

スマホのゲーム「ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト」

2017年6月24日 No comments

無料で遊べるスマホのゲームはたくさんありますので、それを利用して多くの人は楽しんでいると思います。
全てのゲームで遊ぶのは難しいので気に入ったゲームや気になるゲームだけで遊ぶことがほとんどです。
なかには全く知らないゲームもありますが、逆に多くの人に知られているゲームもたくさんあります。
その知られているゲームの一つに「ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト」というロールプレイングゲームがあります。
このスマホのゲームは片手で遊べる人気ゲームとなっていて、あの有名なスクエアエニックスが開発しています。
ですので、ところどころでファイナルファンタジーのビジュアルや作風を感じることができます。
ファイナルファンタジー好きな人にはすごく喜ばれるゲームだと思います。
また、独自システムの「ブレイブシフトバトル」を採用していますので操作しやすいですし面白いと思います。
それに、様々なユーザーとチャットやスタンプで会話をしながら高難度のクエストにチャレンジすることができます。
勿論、一人で楽しむこともできますので集中してチャレンジできるでしょう。
このようなスマホのゲームをダウンロードして1度遊んでみてはいかがでしょうか。

Categories: 未分類 Tags:

SIMフリースマホの防水ランク の見方とは

2017年6月13日 No comments

防水機能付きであるにも関わらず水没してしまった経験のある人も中にはいるのではないでしょうか。起こりうる原因として、防水機能にもランクが高いものと低いものがあるからです。 防水のランクを見るためには「IPX5/8」というような表記を見る必要があります。このIPXという記号は、IEC(国際電気標準会議)で標準化されている規格で、エンクロージャ(ハードウェアの筐体)による保護等級を表すものです。JISの電気機械器具の外郭による保護等級とも統一されています。つまり、このSIMフリースマホはどの程度の環境まで耐えられるのかどうかの基準となります。「IPX5/8」の「/」前の数字はどの程度の水に耐えられるのかが1~6でランク付けがされています。「/」の後の数字は潜水にどの程度耐えられるかがランク付けられています。例えば「IPX5/8」の場合は「噴流まで耐えることができる/1.5mまでの潜水に30分間耐えることができる」となります。このようなSIMフリースマホの防水機能がどの程度水から保護をしてくれるのか、ランクを確認することも必要なのです。防水はSIMフリースマホを水から保護をしてくれる機能であり、防塵とはSIMフリースマホを塵や埃から保護してくれる機能です。防塵機能は「IP6X」というような表記で示されていて、「X」の前の数字は外来固形物に対する保護等級を0~6でランク付けしています。

Categories: 未分類 Tags:

トランセンド中位モデル「Ultimate 600x」は、安さと速さのバランスが良い

2017年6月2日 No comments

「Transcend Ultimate 600x」シリーズは、トランセンド製microSDカードの中位モデル。下位モデル「Premium 400x」シリーズよりも転送速度が速く、最上位「Ultimate 633x」シリーズよりは転送速度で劣る、ミドルクラスな1枚です。ただし「Ultimate 633x」と同じ「MLCチップ」を搭載しているため、高耐久かつ高信頼な1枚といえます。読み出し速度は90MB/秒。書き込み速度は公称されていませんが、ベンチマークテストの結果報告では60MB/秒を出せているようです。UHS-Iクラス1対応。スピードクラス10。個人的にはコレを選ぶよりも、最上位の「Ultimate 633x」シリーズを選んだほうが良いと思います。カード容量も「32GB」が最大となっています(Ultimate 633xは64GB)。トランセンドから発売されているドライブレコーダー向けmicroSDカード「High Endurance」シリーズ。データ書き換えに対する耐久性に優れた「MLC NANDフラッシュ」を採用しているのが最大の特徴。MLCチップ採用のmicroSDカードは少なく、データ損失の許されないドライブレコーダーで使うなら高耐久MLCチップ採用のマイクロSDカード「トランセンドHigh Endurance」がおすすめです。

Categories: 未分類 Tags:

“au、コンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」4.7型FHD IGZO液晶搭載 “

2017年5月30日 No comments

4.7インチのFullHD IGZO液晶を搭載。カラーフィルタ「S-PureLED」により鮮やかな色表現と省電力を実現しました。幅67mmと小型であるため片手操作も容易。画面下にLEDを3灯配置し通知点灯する「ヒカリエモーション」を搭載しています。カラーバリエーションは3色です。カメラは2100万画素、レンズはF値1.9。リコー画質認証プログラム「GR certified」を取得済み。本体側面にはシャッターキーを搭載。画面消灯時でもXperiaシリーズのようにシャッターキー長押しでカメラが起動します。インカメラは100度の広角レンズの800万画素カメラを採用し、インカメラでありながらフラッシュライトを備えており、明るいセルフィーが撮影可能です。シンプルなデザイン、取り回し性の良さ、カメラの性能、適度なレスポンスの良さはストレスもなく長く使えるスマホとなるでしょう。カメラは桜のライトアップを撮影した時に初期不良かと思うほどの画像の劣化が見られました。その点は気になりますが、その後は問題なく利用できます。AQUOSは初めての利用と言う人も、ゲームなどをしない人にとってハイスペック機種ばかりがクローズアップされる中、手頃なミドルクラスの価格帯の中で満足度の高い買い物となると思います。

Categories: 未分類 Tags:

モバイルオーディオで無線の場合、Bluetoothが使われるのが一般的だ。

2017年5月20日 No comments

デジタルオーディオデバイスでの音楽再生の音の良さを決める要素はいくつかあります。まず、当然のことですが音源ソースとなるファイルです。ビットレートが高いほうがいいわけですが、256Kbps程度あればよしとしていいです。いわゆるハイレゾ音源はビットレートを極限まで高くしたものでサンプリング周波数も高いのです。とにかく保存する音源については、できるだけ情報量の多いものにしておくことがポイントで、今はともかく、現物のCDと同じ情報量を持つデータをファイルとして保存しておくことができれば、10年先、20年先に、その時点の環境にふさわしい音源を確保するためにリッピングのやり直しというめんどうは少なくとも回避できるのです。まともな音源が用意できれば、次は、その再生環境です。デジタルプレーヤーとしてのスマートフォンで再生された音楽は、最終的にはアナログ信号に変換され、アナログアンプで増幅されてイヤフォンやスピーカーなどを駆動します。最終的に耳に入る音は、ここで空気の振動となります。だからイヤフォンやスピーカーが違うだけで、音はコロリと変わる。そこをおろそかにすると損をするでしょう。さらに重要な要素となるのはデジタル信号がDACに入るタイミングと、アナログアンプに入るタイミング、そしてその伝送路です。デジタル信号の伝送路は今のところ有線と無線に大別できる。モバイルオーディオで無線の場合、Bluetoothが使われるのが一般的なのです。

Categories: 未分類 Tags: