「Redmi Note4」のスペック

2018年1月10日 No comments

快適にアプリを楽しめるデカコアCPUを搭載し、大型ディスプレイで見やすさと大迫力の映像などが楽しめるハイスペックスマホが「Redmi Note4」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約175gとなっていて、カラーバリエーションはグレー、ゴールド、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載していて、バッテリーは旅行でも安心な4,100mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMediatek MT6797 Helio X20デカコア2.1GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
ストレージは16GBで256GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されていて、明るいレンズやデュアルLEDフラッシュ、パノラマモードやHDR撮影機能などが付いています。
また、背面にはセキュリティ対策にもなる高性能指紋認証センサーが備わっていますし、インターフェイスはUSB Type-C 2.0を搭載しています。

Categories: 未分類 Tags:

「HUAWEI nova」のスペック

2017年12月25日 No comments

見た目の美しさと高い操作性を実現させているスマホが「HUAWEI nova」です。
デザイン的特徴は立体加工が施されたガラスとメタルシェルが滑らかに融合して背面の緩やかな曲線を描いていることです。
また、メタルボディで厚さが約7ミリしかないスリム設計になっていますので、操作性が高くて女性でも簡単操作が可能になっています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約69ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約146gになっています。
ディスプレイサイズは約5インチで、バッテリーは急速充電に対応した3,020mAhを搭載しています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されており、簡単に鮮やかで明瞭な写真が撮影できます。
CPUはクアルコムのSnapdragon 625 オクタコア, 8 x2.0GHz A53, 14nmが搭載されています。
カラーバリエーションはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色が用意されています。
セキュリティでは3D指紋センサーが付いています。

Categories: 未分類 Tags:

「FREETEL MIYABI」のスペック

2017年12月24日 No comments

圧倒的な充実スペックで使用する人を満足させてくれるのが「FREETEL MIYABI」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約150gになっています。
カラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されています。
デザイン的特徴は輝くメタリックのバンパーやバックカバー、洗練された手に馴染むスクエアデザインです。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、パネルと表面ガラスの間は隙間が少ないフルラミネーション加工が施されていますので視認性が高くて迫力満点です。
バッテリーは2,200mAhの高品質バッテリーを搭載しており、急速充電に対応していますし電池パックは交換可能ですので長期間使用できます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラで多彩な機能を楽しむことができます。
CPUはクアルコムのMT6735 クアッドコア1.3GHzでRAMが2GBになっていますので思い通りに楽しめます。

Categories: 未分類 Tags:

「Wiko Tommy」のスペック

2017年12月20日 No comments

美しいシルエットで高級感を演出しているスマホが「Wiko Tommy」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約145gになっており、カラーバリエーションはフラッシュレッド、グリーン、トゥルーブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは約5インチ高解像度1280×720IPS液晶ディスプレイを搭載しており、どの角度からでも見やすいオンセル技術が採用されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン210クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
バッテリーは交換可能な2,500mAhを搭載していて、交換することができますので長期間使用ができて安心です。
カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、暗い場所でも綺麗に撮影できるレンズとソニー製のセンサーが付いています。
ストレージ容量は16GBとなっており、micro SDカードで64GBまで増やすことが可能となります。
便利機能に快適な通話を可能にする2つのマイクが搭載されています。

Categories: 未分類 Tags:

「Blaed V7lite」のスペック

2017年12月11日 No comments

安心安全なセキュリティ対策がとられていて、使いやすさと持ちやすさを兼ね備えているスマホが「Blaed V7lite」です。
背面についている指紋認証センサーはプライバシー保護や画面オフからのアンロックだけではなく、特定のアプリケーションを結び付けてワンタッチ起動を可能にしています。
2.5D曲面ガラスを採用し、コーナーには曲面をもたせていますので美しいデザインと持ちやすさが実現されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約135gになっており、バッテリーは2,500mAhという大容量になっています。
軽量コンパクトサイズながらディスプレイは約5インチの迫力あるHD液晶ディスプレイを搭載しています。
カメラは8MP高解像度フロントカメラを搭載しており、フロントフラッシュが付いていますので逆光でも完璧な自撮りが可能ですし、顔認識や美肌補正、笑顔認識や音声操作などの多彩なカメラ機能が付いていますので思い通りの撮影が可能です。

Categories: 未分類 Tags:

「HUAWEI nova」のスペック

2017年11月15日 No comments

見た目の美しさと高い操作性を実現させているスマホが「HUAWEI nova」です。
デザイン的特徴は立体加工が施されたガラスとメタルシェルが滑らかに融合して背面の緩やかな曲線を描いていることです。
また、メタルボディで厚さが約7ミリしかないスリム設計になっていますので、操作性が高くて女性でも簡単操作が可能になっています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約69ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約146gになっています。
ディスプレイサイズは約5インチで、バッテリーは急速充電に対応した3,020mAhを搭載しています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されており、簡単に鮮やかで明瞭な写真が撮影できます。
CPUはクアルコムのSnapdragon 625 オクタコア, 8 x2.0GHz A53, 14nmが搭載されています。
カラーバリエーションはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色が用意されています。
セキュリティでは3D指紋センサーが付いています。

Categories: 未分類 Tags:

「HUAWEI P10 Plus」のスペック

2017年11月8日 No comments

ダブルレンズを搭載しているスマホの一つに「HUAWEI P10 Plus」というスマホがあります。
アウトカメラには2,000万画素と約1,200万画素のダブルレンズとなっており、インカメラにも高性能カメラを搭載していますのでどのようなシーンでも綺麗な写真が撮れます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約74ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約165gになっており、バッテリーは超大容量の3,750mAhが搭載されています。
ディスプレイは約5.5インチの大型ディスプレイで高画質な画像や動画などが楽しめます。
また、ディスプレイ前面には指紋センサーが付いていますのでセキュリティ対策と利便性が向上されています。
デザイン的特徴はサンドブラスト加工が施されており、一体感のある美しさと握りやすさが実現されています。
CPUはオクタコアCPU Kirin 960が搭載されていますし、4GBという大容量メモリによってハイパフォーマンスとなっています。
カラーバリエーションはグリーナリーとダズリングゴールドが用意されています。

Categories: 未分類 Tags:

「Blaed V7lite」のスペック

2017年11月1日 No comments

安心安全なセキュリティ対策がとられていて、使いやすさと持ちやすさを兼ね備えているスマホが「Blaed V7lite」です。
背面についている指紋認証センサーはプライバシー保護や画面オフからのアンロックだけではなく、特定のアプリケーションを結び付けてワンタッチ起動を可能にしています。
2.5D曲面ガラスを採用し、コーナーには曲面をもたせていますので美しいデザインと持ちやすさが実現されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約135gになっており、バッテリーは2,500mAhという大容量になっています。
軽量コンパクトサイズながらディスプレイは約5インチの迫力あるHD液晶ディスプレイを搭載しています。
カメラは8MP高解像度フロントカメラを搭載しており、フロントフラッシュが付いていますので逆光でも完璧な自撮りが可能ですし、顔認識や美肌補正、笑顔認識や音声操作などの多彩なカメラ機能が付いていますので思い通りの撮影が可能です。

Categories: 未分類 Tags:

スペックでは絶対にカメラも見るべき

2017年9月5日 No comments

ひと昔前はカメラと言えばデジカメでしたが、最近ではスマホのカメラでも十分にデジカメの代わりになりますので、撮影と言えばスマホのカメラになっています。
そのスマホのカメラはどのスマホにも付いていますが、自分が持っているスマホのカメラや購入を検討しているスマホのカメラのスペックは確認する必要があります。
もしかしたら宝の持ち腐れになってしまうからです。
スマホのカメラをスペック表で見る時のポイントはアウトカメラとインカメラの有無や性能です。
ほとんどのスマホにはアウトカメラとインカメラの2つのカメラが搭載されており、アウトカメラは風景などの外部撮影で主に使用し、インカメラは主に自撮りで使用されています。
また、アウトカメラは1,000万画素以上あれば高性能と言えますし、インカメラでは500万画素あれば綺麗な自撮りが可能です。
こうした画素数はスペック表を見ないと確認できませんので注意してください。
誰でも使用するスマホのカメラですのでしっかりチェックしてから購入しましょう。

Categories: 未分類 Tags:

SDメモリーカードの読み込みや書き込みが速くなるとバッテリーも消費する

2017年8月25日 No comments

こうした現象を回避するためには、コンパクトデジカメや家庭用ゲーム機などの場合、最低40MB/秒以上の読み出し/書き込みができるSDカードを選ぶべきでしょう。ビデオカメラや一眼レフやミラーレス一眼については、90MB/秒クラスの読み出し/書き込みができるSDカードをおすすめします。実際のところここまでのスペックは不要の場合が多いのですが、先ほど書いたように、特に激安製品や、並行輸入品は、理論値と実測値の差が大きいほか、同一製品での個体差もありますそのため。ある程度余裕を持ったスペックを選んだほうが良いと思います。なお、こちらも業界団体の速度表示規格があります。こちらも、最大でも30MB/秒以上という規格なので、最近の高性能SDカードのスペックに合致しなくなりつつあります。とはいえ、4K動画をデジカメやビデオカメラで撮影する場合は、転送するデータ量が多いため、のUHS-3(≒V30規格)という書き込みに規格に対応することが必須ですので、これを意識することは重要です。SDメモリーカードを選ぶ場合、これらの読み込み、書き込みの2点の基準をベースにしつつ、SDカードの容量に注意すれば、間違いがないと思います。

Categories: 未分類 Tags: